治療コンセプト

Concept

どんな医院を選べばいいの?

歯が抜けてしまった場合の治療法として、最近ではインプラントが第1の選択肢となりつつあります。これまではブリッジや入れ歯が多く用いられていましたが、デメリットが多いのが正直なところでした。しかし、インプラントなら入れ歯やブリッジのデメリットを解消できるのです。

近年、インプラント治療に対応した歯科医院は増え続け、インプラント治療を専門に行う医院も見られるようになりました。そんななか、治療をお考えのみなさまは、いったいどの医院を選べばいいのか判断に迷うところでしょう。

当センターができること

スタッフ

インプラント治療をお考えのみなさまが、もっとも強く望まれるのは「安心」だと思います。手術が痛みなく安全に行われる安心、快適に食べることができる安心、いつまでも問題なく使っていける安心……。これらの安心をみなさまにお届けできるよう、スタッフ一同、日々研鑽を重ねています。

当センターはインプラントだけを専門に行う医院ではありません。むしろ、歯を抜くのではなく保つための予防治療を得意としています。歯を抜いた後のインプラント治療に力を入れていながら歯を守ることをうたっているのは、一見矛盾しているように思われるかもしれません。

私の医院の取り組みは、「来院者の方が、毎日なんの問題もなく美味しく、楽しく食事をすることができ、生涯にわたり健康な体を基盤として、生き生きとした豊な人生をおくる」、そのためのお手伝いをさせて頂くことです。ですから、インプラント処置が済んだら「良かったですね。はい、終わりです。」ではありません。

末永く使っていただくために、ご自身の歯も含めたお口全体のお手入れは必要不可欠です。処置を行わさせていただいた責任をしっかりと持ち、末永く対処させて頂きたいと思います。
そして長いお付き合いを通じ、その方の人生のサポーターの一人として認めていただければ、これ以上の喜びはないと考えています。

インプラント治療なら、他の歯にダメージを与えて寿命を短くしてしまうという入れ歯やブリッジが持つ大きな欠点を克服できるのです。やむを得ず抜いてしまった歯以外の健康な歯を守る手段として、ご自身の歯を末永く使うことを目的とする予防治療に大きく役立っているのです。

末永い健康のために

当センターの使命は、「患者様が毎日何の問題もなく美味しく楽しく食事をし、生涯にわたって健康な体を基盤として生き生きとした豊かな人生を送る――そのためのお手伝いをさせていただくこと」だと考えています。ですから、治療が済んだら「はい、終わりです」ということはありません。

インプラントを末永く使っていただくためには、歯も含めたお口全体のお手入れが必要不可欠です。患者様の担当ドクターとして責任を持ち、末永く対処させていただきたいと思っています。そして長いお付き合いを通して患者様の人生のサポーターとして認めていただければ、これ以上の喜びはありません。

インプラントは一生使えるの?

インプラントについて、「一生使えるの?」というご質問をよくいただきます。これには「YES」とも「NO」ともお答えできません。世界では何の問題もなく何十年も使用できている例はたくさんありますし、当センターでも常に最善を尽くし、インプラントが生涯機能するように治療にあたっています。しかし人間の体には様々な変化があり、予想外のアクシデントが起こり得ることも否定できません。すべてのケースにおいて、一度の処置で一生使っていけるという確約をされる先生はおそらくいないのではないでしょうか。

とはいえ、少しでも長くインプラントを使っていくためには、以下のような点に十分配慮される必要があります。

経験・技術

当センターでは平成11年にインプラント治療を開始し、現在まで多数の症例を手がけてまいりました。
以下のような治療技術を活用し、より確実なインプラント治療をご提供しています。

  • 上顎洞底の挙上術(ソケットリフト法)
  • スプリットクレスト(骨の幅が狭い部分を広げる方法)
  • 抜歯即時埋入
  • 埋入即時加重
  • 無歯顎(総入れ歯の方)に対するフルマウスリハビリテーション
  • ショートインプラント
  • 傾斜埋入の活用によるノングラフト治療
  • 多血小板血漿(PRP)の利用
  • GBR(骨を増やす方法)

院長メッセージ

私が望むことは、ご来院いただいた患者様に、健康を礎とした豊かな生活を末永く送っていただくことです。インプラント治療を含め、お口の健康に関与させていただく長いお付き合いのなかで、みなさまの健康と豊かな人生を応援させていただければ幸いです。