当センターのインプラントシステム

インプラントシステムのご案内

HAコーティングインプラント

HAコーティングインプラント

現在、世界中で用いられているインプラントは30種類以上ありますが、大森駅前インプラントセンターでは米国Zimmer社製の「HAコーティングインプラント」を採用しています。このインプラントは、30年を超える歴史を誇り、米国でもっとも多くの症例を持つ信頼性の高いものです。

HAコーティングインプラントは、主原料であるチタンにハイドロキシアパタイト(HA)がコーディングされているのが特徴です。歯の表面のエナメル質はほぼ完全にHAからできているほか、骨や象牙質の無機成分もHAからできています。このため、HAコーティングインプラントは口内組織に対して親和性が高く、骨としっかり結合する性質があるのです。
また、世界ナンバーワンの実績とシェアを誇るノーベル・バイオケア社のインプラントシステムも症例により使い分けて活用しています。

ノーベル・バイオケア社インプラントの使用

ノーベル・バイオケア社は世界ナンバーワンの実績とシェア誇り、高精度・高品質な材料を安定して提供してきた、一番信用の高いインプラントシステムです。
症例によっては、HAインプラントと使い分けて活用しております。

抜歯即時インプラント

通常のインプラント手術は、抜歯をしてからしばらく経過(約2週間後)したのちに、インプラントを埋入する手術を行います。一方、「抜歯即時インプラント」は、一度の手術で抜歯とインプラント埋入を同時に行う治療法です。手術が1回で済むので回復が早く、患者様の負担が少ないのが大きなメリットです。ただし、どんな症例にも適用できるわけではありません。

当センターでは、確実で安全な治療を行うため、しっかりとしたカウンセリングや診察・検査を行ったうえで、患者様に最適なインプラント治療をご提案しています。

インプラントの最先端技術をこちらでご紹介しています。

診断・CT撮影・シミュレーション

インプラント治療をより安全に、より確実に行うためには事前の審査が非常に重要です。特にX線診査は不可欠で、最近では従来の2次元的なパノラマ撮影の欠点を補うべく、3次元的診断が可能なCT撮影診査が普及してきています。X線CTや画像診断ソフトの進歩により、最適なインプラントの長さ・埋入位置・埋入角度などを割り出し、正確な処置を行えるようになりました。

当センターでは安心して処置を受けていただくため、X線CT撮影による画像診断をおすすめしています。特に骨の量が少ない場合や特殊な技術が必要な症例の場合は、リスク回避のためCT撮影が不可欠です。

また当センターでは、難症例の対応として診断にインプラント手術シミュレーションソフトを使用しています。CT撮影をして画像を見るだけでなく、そのデータをコンピューター上で解析してインプラント処置のシミュレーションを行います。

最新歯科用CT「エクセラスマート3D」による撮影

最新歯科用CT「エクセラスマート3D」による撮影最新歯科用CT「エクセラスマート3D」による撮影

当院では、3D CTスキャンの「エクセラスマート 3D」を導入しています。
CTを使用することで、歯と顎の骨の位置関係、大きさなど従来の二次元レントゲン画像では見ることのできない情報を得ることができるようになりました。
従来の二次元レントゲン診査では歯科医師の経験や感覚に頼る要素が診断を大きく左右していましたが、CT画像で見えない部分が見えるようになり、安全性、確実性が格段に上がりました。

主に、インプラントや顎の治療、矯正治療、歯周病治療の際に使用します。

●一般的な医科用CTの約1/10の放射線量で体にやさしい。
●撮影時間も短く、撮影時の負担が少なくなりました。
●より正確で詳細な診断が可能になりました。
●検査結果や術後の状態などその場で瞬時に確認できます。
●患者様にとっても鮮明で立体的な画像で、ご自分の状態をご覧いただくことで
納得して治療を受けていただけます。
●撮影だけの為に、提携病院へ行っていただく必要がなくなりました。

アフターケアについて

アフターケアについて

インプラントを入れた後のアフターケアは、本物の歯と同様に毎日の正しいブラッシングが重要になってきます。また定期検診を欠かさず受診することも大切です。まず1回目の検診を術後1~2週間後に行い、ネジの締まり具合や歯ぐきの状態、噛み合わせなどを確認します。その後、年2~4回の定期検診で経過を診ていきます。

インプラントについての疑問点・不明点は無料相談フォームから