よくあるご質問

インプラントFAQ

治療費はどのくらいかかかるのですか?

「治療費用」のページでご案内しています。インプラント治療は保険が適用されず自費診療となるため、入れ歯やブリッジに比べると高額になります。また、使用するインプラントの本数や種類、治療方法や難易度によっても費用は異なります。

インプラントは誰でもできるのですか?

糖尿病や心臓病などの疾患がある場合や、あごの骨が痩せている場合は治療できないことがあります。歯科医師とよく相談してください。また、あごの骨の成長が終わるまでは治療できません。骨の成長がほぼ終了している18歳以上の患者様であれば、年齢の上限などは特にありません。

治療期間はどのくらいかかりますか?

一般的には、上あごの場合で約5~7ヶ月、下あごの場合で約3~5ヶ月かかります。ただし、骨再生治療などを行う場合は、さらに6~9ヶ月必要になる場合があります。
※治療期間は個人差があります。

インプラントの手術は痛くないですか?

麻酔をしてから手術をするため、痛みはほとんどありません。手術後、麻酔が切れてから1~2日は痛みや腫れが出ることがありますが、すぐに治まるのでご安心ください。

インプラントをしていることは周囲から分かりますか?

インプラント治療で装着する人工歯は、周囲の歯の色調に合わせてつくることができるため、天然歯と比べても分からないほど。周囲の人に気づかれることはほとんどないでしょう。
>>「症例紹介」をご覧ください

アレルギーの心配はありませんか?

まったくありませんのでご安心ください。インプラントの素材には人体との相性がいいチタンが使われています。チタンは金属アレルギーなどの心配がない安全な素材です。

歯が1本もなく総入れ歯をしているのですが、インプラント治療を受けられますか?

歯が1本も残っていない方でもインプラント治療は可能です。その場合、オールオン4やオールオン6というインプラント治療を行うのが一般的です。
>>「オールオン4・オールオン6」についての詳細はこちら

手術のときは入院しなければいけないのでしょうか?

入院の必要はありません。使用するインプラントの本数や部位、難易度にもよりますが、手術は30~120分程度で終了します。当日中にご帰宅いただけますので、ご安心ください。

非常に安いインプラントの広告を目にしたのですが、大丈夫でしょうか?

確かに世のなかには安いインプラントがありますが、安いからといって質が悪いというわけではありません。ただし治療を受ける前に、その医院が使っているインプラントメーカーや医院の実績、コンセプトなどを知っておくことは重要です。インプラント治療は非常に高度な医療行為です。「噛めるようになったけど歯の形が不自然……」「歯みがきがしにくい……」など、満足できない結果となってしまうこともあります。将来何十年にもわたって付き合っていくものですから、値段だけでなく医院の経験や技術などを見極め、きちんと納得したうえでベストな治療を受けるようにしましょう。

インプラントは何年くらい持ちますか?

インプラントは問題がなければ半永久的に機能します。ただし、しっかりとメインテナンスを行わないと、歯周病(インプラント周囲炎)になってしまい、機能を果たせなくなるおそれがあります。毎日適切なブラッシングをして欠かさずに定期検診を受けることが、インプラントを長持ちさせる基本です。

以前の自分の歯と同じように噛めますか?

インプラントはあごの骨と強固に結合するため、固いものでもしっかりと噛むことができます。天然歯同様の噛み心地が得られますので、ご安心ください。

インプラントの保証について教えてください。

インプラント(人工歯根)は、各インプラントメーカーの保証期間に準じます。インプラントに装着する人工歯は3年間無償補償です。3年経過後5年までの間に破損・脱落などがあった場合は、修理・交換の実費のみがかかります。

手術後に注意することはありますか?

手術後1~2日は、患部が腫れて食事がしづらくなることがあります。その間、固い食べものは避けましょう。また、手術後2日くらいまでは多少の出血が続きますが、すぐに止まりますのでご安心ください。なお、飲酒や激しい運動、入浴などは出血につながりますので、できるだけお控えください。
>>「手術前後の注意点」はこちら