インプラントの最先端技術

最先端のインプラント技術に対応

インプラント治療は、歯が抜けてしまったところに人工歯根(インプラント)を埋め込んでしっかりとあごの骨と固定します。つまり治療を受けるためには、あごの骨に十分な厚さ・高さがあることが条件になります。そのため、歯の欠損や歯周病などによりあごの骨が痩せてしまっている方の場合、インプラント治療を受けられないことがあるのです。

あごの骨が痩せてしまった方のための治療

歯周病にかかったり歯が抜けてしまったりすると、あごの骨は徐々に痩せていってしまいます。そのため、インプラントを埋め込むのに十分な高さ・厚さがないケースがあります。これまでは、骨が少ないところにはインプラントを埋入できませんでしたが、大森駅前インプラントセンターでは、あごの骨が痩せてしまっている方にもインプラント治療を受けていただくため、最先端技術を用いた骨再生治療を導入しています。他院でインプラントができないと言われてしまった患者様も、お気軽にご相談ください。

GBR法

GBR法は骨誘導再生法とも呼ばれる、あごの骨を増やす(再生させる)ための治療法です。 骨が不足している部分に自家骨または「骨補填材」という骨に似た素材を入れ、その上から特殊な人工膜を乗せて骨を再生させるスペースをつくります。人工膜の内側で骨が再生するのを3~6ヶ月待ち、再生した骨が安定したらインプラント治療に移ります。

GBR法

サイナスリフト

サイナスとは上あごの骨のなかにある空洞(上顎洞)のことです。サイナスリフトとは、痩せてしまったあごの骨をインプラントを埋入できる厚さにする治療です。上顎洞を持ち上げ、そこに骨を移植します。移植する骨は自家骨または骨補填材を用います。

サイナスリフト

抜歯即時インプラント

通常のインプラント手術は、抜歯をしてからしばらく経過した後に、インプラントを埋め込む手術を行います。一方、抜歯即時インプラントは一度の手術で抜歯とインプラント埋入を同時に行う方法です。

抜歯即時インプラントのメリット
  • 手術が1回で済むので、患者様の負担が少ない
  • 手術が1回で済むので、患者様の回復が早い

抜歯即時インプラントは、どんな症例でも適用できるわけではありません。当センターでは確実で安全な治療をご提供するため、しっかりとカウンセリングや診察・検査を行ったうえで、患者様に最適な治療法をご提案しています。

オールオン4・オールオン6

オールオン4とは、歯が1本もない患者様に対して行う治療法です。4本のインプラントを埋め込むことで、すべての歯を支えます。従来はすべての歯を失ってしまうと、総入れ歯を使うか片あごに8~10本のインプラントを埋め込む必要がありました。しかしオールオン4なら手術の負担も少なく、固定式の仮歯を治療当日に入れられ、ほとんどの場合、手術の日から噛めるようになります。

オールオン4・オールオン6

オールオン4・オールオン6

オールオン4・オールオン6

またオールオン4が難しい場合でも、オールオン6という治療が可能な場合があります。これは、6本のインプラントですべての歯を支える方法です。

ただしオールオン4もオールオン6も、すべての患者様に適応できる治療法ではありません。あごの骨の状態や噛み合わせなどの条件によっては採用できないケースもあります。

オールオン4・オールオン6のメリット
  • 手術当日から噛むことができる
  • 埋め込むインプラントの本数が少ないため、費用の負担を軽減できる
  • 治療回数が少なく、治療期間が短く済むため、負担やストレスを軽減できる
  • 腫れや痛みを軽減できる

インプラントについての疑問点・不明点は無料相談フォームから