長期間・快適にインプラントを

生涯、インプラントを使っていきましょう

インプラントを長きにわたって維持していくためには、自分の歯と同じように毎日しっかりと歯みがきをすることが大切です。取り付ける歯は人工物のため虫歯になる心配はありませんが、歯周病(インプラント周囲炎)には要注意です。歯周病になると最悪の場合、せっかく埋め込んだインプラントが抜けてしまいます。生涯にわたってインプラントを維持していくため、毎日の丁寧なセルフケアと年2~4回の定期検診の受診を心がけ、歯周病を予防していきましょう。

セルフケア

セルフケア

人それぞれ歯並びが違い、人それぞれ歯みがきの癖を持っています。毎日時間をかけてみがいているつもりでも、きちんとみがけている人はなかなかいません。まずは歯科医院で自分の歯並びに合った的確な歯みがき方法を身に付けましょう。基本的には毎食後の歯みがきで十分ですが、さらに歯間ブラシやデンタルフロスを使うことで、より理想的な口内環境を維持できます。面倒かもしれませんが、歯やお口全体の健康を考えてぜひ取り組みましょう。

定期検診

インプラントのメインテナンスはセルフケアだけでは不十分です。ご自宅での歯みがきに加え、年に2~4回の定期検診が必要になります。定期検診ではインプラント部位の点検、各部ネジの締まり具合の点検、噛み合わせの調整、歯周の検査・清掃を行います。インプラントを少しでも長く保つため、定期検診を欠かさないようにしましょう。

定期検診でのチェックポイント

定期検診でのチェックポイント

インプラントやその周辺に汚れが溜まってないか?

汚れが溜まったままになっているとインプラント周囲炎になるおそれがあるため、定期検診ではクリーニングをして汚れを取り除きます。また歯みがきが的確にできているかチェックし、患者様に合った歯みがき方法を指導します。

噛み合わせに異常はないか?

噛み合わせが悪く、歯やあごに変な力がかかっていると、インプラントが機能を十分に果たせないことがあります。噛み合わせが悪くなっている場合は調整を行います。

大森駅前インプラントセンターでは、安心してインプラントを受けられるよう一人ひとりの患者様に合わせたメインテナンス計画を立てています。

インプラントについての疑問点・不明点は無料相談フォームから