手術前後の注意点

インプラント手術前後の注意事項

インプラント手術前の注意点

虫歯・歯周病がある場合は……

虫歯・歯周病がある場合は……

インプラント治療には外科手術が必要です。虫歯や歯周病があり口内環境が悪い状態のまま手術をすると、治療後に悪影響を及ぼすおそれがあります。歯の病気がある場合は、早めに治療しておきましょう。

糖尿病や心臓病がある場合は……

糖尿病や心臓病、高血圧などの疾患がある方は、インプラント治療ができない場合があります。治療の前に必ず医師に相談しましょう。

服用している薬がある場合は……

服用している薬があるとインプラント治療に悪影響を及ぼすことがあります。服用しているお薬がある方は必ずお申し出ください。

インプラント手術後の注意点

痛みがある場合は……

術後に痛みがある場合は、処方された鎮痛剤を服用してください。

出血している場合は……

手術当日は多少の出血があります。もし出血が多い場合は、ガーゼを噛むなどして止血しましょう。また、舌で傷口を触らないように気を付けましょう。

腫れがある場合は……

患者様によりますが、術後に腫れる場合があります。すぐに引いてきますので、ご安心ください。

その他の注意点
食事 入浴 運動 飲酒・喫煙
麻酔が切れるまでは、なるべく食事は控えましょう。口にする場合は、やわらかいものを食べましょう。 術後数日は短いシャワーで済ませましょう。 術後数日は激しい運動を避けましょう。 しばらくは控えるようにしましょう。

インプラント歯周炎について

インプラント歯周炎について

インプラントは人工物のため、虫歯になることはありません。しかし、歯周病(インプラント周囲炎)には注意が必要です。歯周病は歯周ポケットに溜まった細菌が毒素を発し、歯ぐきに炎症を起こす病気。自覚症状がないまま進行していくため、「サイレントディジーズ(沈黙の病気)」と呼ばれています。適切な治療を受けないままいると徐々にあごの骨が溶かされていき、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。せっかくのインプラントを台なしにしないよう、毎日の歯みがきと定期検診を心がけましょう。

インプラントについての疑問点・不明点は無料相談フォームから